収入証明書不要なカードローンとは?SMBCモビットでお金借りる

収入証明書不要なカードローンとは?SMBCモビットでお金借りる

収入証明書不要のカードローンとは?

収入証明書不要なカードローンとは?SMBCモビットでお金借りる

収入証明書不要カードローンならどこがいい?というニーズが多いです。

 

カードローンを組む場合、収入証明書が必要になることがあります。

 

総量規制対象となっている消費者金融では、50万円以上を希望する場合は必要になることがあります。

 

収入証明書が不要なケースとはどのようなものでしょうか。

 

お金を借りる場合、カードローンの他にもキャッシングという手段があります。キャッシングはクレジットカードなどにもサービスの一環としてついていることがあります。

 

クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となっていますが、キャッシング枠を大きいものに設定しない限り収入証明書の提出をお願いされることは少ないです。

 

カードローンは限度額内であれば繰り返し何度でも借入と返済をすることができますが、

 

クレジットカードのキャッシングにもリボ払いがついており、機能上はほとんど変わりのない商品となっています。

 

収入証明書を提出したくないのであれば、何枚かクレジットカードを申し込み、キャッシング機能を利用するという手段があります。

 

ただし途上与信と言い、金融機関は定期的に利用者の信用情報を確認しています。

 

そこであまりにも大きい金額の借入がある場合、総量規制にひっかからないように収入証明書の提出をお願いされることがあります。

カードローンとは

最近、SMBCモビット、アコム、プロミスなどの消費者金融カードローンを使う方が増えています。

 

ローン借り換えをしたくて利用する方や、緊急時の対応に使う方、デンタルローン、カーローンなど目的は様々です。

 

はたして、カードローンとはなんでしょうか?

 

カードを使ってお金を金融機関や消費者金融から借りて、

 

その借りたお金をローンで返済していく金融商品です。

 

契約は個人で各金融機関、銀行や消費者金融で行います。

 

専用のカードが発行されます。

 

カードを利用してATMで借りたり返済したり出来ます。

 

インターネットで借りたり返済したり出来るので普及が進んでいます。

 

色んな所で借りたお金をまとめて返済する、おまとめローンも人気です。

 

カードローンと通常のローンの審査を比較してみると、審査状況は会社によるといえます。

 

住宅ローンや自動車ローン等は借りての経済状況や仕事の状況、他の金融機関からの借り入れ金額等、

 

様々な判断材料を元に審査されます。

 

また、担保や連帯保証人も必要になります。

 

この審査基準もカードローンの場合は甘く、

 

担保や連帯保証人も基本的には不要です。

 

カードローンはお金を貸してくれると言う訳ではありません。

 

年収の1/3までと言う規制が法律で決められています。(総量規制対象内)

 

貸付限度額は年収に応じて決められています。

 

多目的ローンの様にどの様な目的でお金を借りても良い為、

 

急に現金が必要になった時に使う方も多く、緊急時には重宝します。

 

「カードローン」は利便性が良いローンと言えます。

キャッシングについて

 

クレジットカードなどをよく利用する方なら

 

キャッシング機能を使ったことがある人も多いかと思います。

 

キャッシングは、

 

クレジット会社や消費者金融、銀行などの金融機関が提供しているサービスです。

 

「現金を貸してくれる」サービスがキャッシング、借入といいます。

 

多くの金融機関がキャッシングを行なっています。

 

使い勝手と利息を比較してカードローンを選べます。

 

キャッシングというとイメージがわきにくいかもしれませんが

 

借金をすることです。

 

必要最低限のキャッシングにして

 

事前にどこで借りるかきちんと比較検討して、計画的に使ってください。

 

キャッシングの場合、通常、ATMなどの現金自動支払機で比較的、簡単にお金を引き出せます。

 

また、各種金融機関の窓口で現金を受け取ることも出来ます。

 

希望する口座にお金を振り込んでくれるサービスもあり、

 

即日融資可能とうたっているサービスも多いですね。

 

当サイトで紹介しているSMBCモビットも来店不要で、即日融資可能です。

 

このように、小口の融資をキャッシングと呼んでいます。

 

個人向けにお金を貸すサービスがキャッシングで、

 

これは、法人に融資するサービスとは異なっています。

 

法人では、お金の利用目的なども申請しなければなりません。

 

個人融資の場合、お金を何に使おうと自由です。

 

ただ、住宅ローンや、教育ローン、デンタルローンでは、

 

使用先を書かなければならないこともありますが、

 

通常は使徒先は不要です。

 

借りたお金を使う目的は自由です。

 

しかし、融資してくれる金額には、もちろん上限があります。

 

通常昨年の年収の1/3が目安となります。(総量規制対象内)

 

クレジットカードをお持ちの方は、

 

いくらまでのキャッシングなのか、クレジットカードが発行された時点ですでに決まっています。

 

昨年の収入によって限度額がそれぞれ違います。

 

実際派遣社員の方などは低く設定されているケースが多いです。

 

ただ、派遣社員だから借りれないということはなく、パートアルバイトで安定収入があれば、

 

消費者金融でもお金を借りることは十分可能です。

収入証明書不要なカードローンとは?SMBCモビットでお金借りる記事一覧

キャッシング会社評判と口コミについて

新規キャッシング申込でなくても、クレジットカードであれば、多くの方がすでに持っていると思います。クレジットカードにはキャッシング機能がついていることが多いので、確認してみてください。新規にキャッシングを申込みたい方は、サービスを行なっている会社が沢山ありすぎて困りませんか?比較しようにも、おすすめの...

≫続きを読む

消費者金融SMBCモビットキャッシングカードローン

キャッシングする際に悪徳業者から借り入れすると、法外の金利や脅しの電話など、本人が予想しない展開になってしまうこともあります。漫画でウシジマ君など、ヤミ金の話もありますよね。お金を借りる側は、返済めどが立たない金額を借り入れすることはやめてください。キャッシングは、他の借金と比べて比較的、気軽に出来...

≫続きを読む