貸金業法制定前の規制について

貸金業法制定前の規制について

貸金業法制定前の規制について

1983年、貸金業法が制定されました。

 

それまでかなりやりたい放題であった貸金業に、一定のモラルを設ける法律です。

 

この貸金業法制定前に規制が全くなかったかというと、そういうわけでもありません。

 

貸金業はかなり昔から存在していました。

 

日本では1877年に

 

『太政官布告による旧利息制限法』

 

という規制が設けられ、貸金業に対しての金利の上限を定めていました。

 

100年以上前には既に貸金業に対しての規制が行われていたといえます。

 

その後、昭和の時代に突入し、

 

今度は警視庁令で『金融業取締規則』という規則が設けられました。

 

この結果、貸金業の規制がさらに強固なものになりました。

 

当時、貸金業は許可制でした。

 

広告の規制と契約書面における交付規制という締め付けが行われていました。

 

こういった法律は、戦後の新憲法成立の際に廃止されています。

 

貸金業の歴史が動いたのは、戦後すぐです。

 

戦後の日本はいうまでもなく非常に貧しい状態で、多くの庶民は食べる事にも困って生活ができない状態でした。

 

そういった人たちの足元を見て、高利貸しが続出しました。

 

多くの庶民が、高利貸しの犠牲になってしまう結果となりました。

 

1949年に『貸金業等の取締りに関する法律』が制定され、高利貸しに対しての規制を厳しくします。

 

いわゆる『貸金業取締法』ですね。

 

ただ、この貸金業取締法に関しては、かなりの点で問題が発生してしまう結果になり、あまり機能しなかったのが実情です。

キャッシングに関する貸金業法

法律の中でもキャッシングに関するものはいくつか存在しますが、そのひとつに貸金業法があります。

 

貸金業法とは、貸金業者の規制に関する法律です。都道府県や財務局に、貸金業として登録をしている業者が、貸金業者と呼ばれるものです。いわゆる消費者金融やクレジットカード会社が当てはまるといえるでしょう。

 

貸金業法がキャッシング取引には用いられるので、貸し付けはこの法律の範囲内でなければならないといえます。貸金業法という法律で定められているのは、貸金業協会や社団法人全国貸金業協会連合会の設立、貸金業者の事業登録や業務に関わるいろいろな規制などです。

 

名称は「貸金業の規制等に関する法律」というもので、施行は1983年11月にされたそうです。2007年に抜本的な法律の改正が行われ、現在の「貸金業法」という名称になりました。

 

2007年に貸金業法が改正されたことにより引き下げられたのが上限金利で、キャッシングがそれ以前より低金利で受けることも不可能ではなくなりました。

 

2つの出資法と貸金業法という法律でそれぞれ決められていた金利の差分である、グレーゾーン金利というものが消えたことになります。キャッシングの利用者にとっては、さらに低い金利で借り入れ可能になったことはプラスではないでしょうか。

 

けっして少なくないのが、金利が法律で低くなったかわりに審査のハードルを上げたキャッシング業者です。

貸金業法制定前の規制について記事一覧

ローンシミュレーションの種類

ローンシミュレーションにはいくつもの種類があり、さまざまな会社が提供してくれています。一番多いのは利率、期間、借り入れ金額を入れるだけで出来るローンシミュレーションです。この種類のローンシミュレーションは、金融機関であればどこででも取り扱いされているものです。その他にも、資金計画を出せるものもありま...

≫続きを読む

住宅ローン控除について

住宅ローン控除についてです。住宅ローンというのは金額も大きいですし、返済期間も短い人で10年から15年、長い人になると20年から30年という人もいるでしょう。住宅ローンを組むことになったならば知っておくといいこととして、住宅ローン控除があります。これを利用すれば、お金が手元に戻ってくるからです。では...

≫続きを読む

住宅ローン控除の金額

住宅ローン控除を受けたいと言う人も多いと思います。いくらぐらい受けられるのかという控除金額については、住宅を購入して入居した年によって異なっています。平成24年に長期優良住宅に入居した場合で見積もると、ローン控除額は一年で30万円〜40万円となります。上限の金額も異なっており、控除を受けることのでき...

≫続きを読む

SMBCモビットの金利はほかの消費者金融や、銀行カードローンと比べてどう?低金利...

SMBCモビットの実質年率はほかの消費者金融や、銀行カードローンと比べてどう?低金利でお金借りたいSMBCモビットの実質年率は、限度額1万円〜800万円で年3.0%〜18.0%となっているので、他の消費者金融と比べると、平均的か、わずかに好条件になっています。SMBCモビット実質年率で注意が必要なの...

≫続きを読む

無担保ローン

無担保ローンは名前の通り、無担保つまり担保がなくてローンを組む事ができる事を言います。経済の先行きが決して明るいとはいえない現在、無担保ローンは可能なのでしょうか。けれども、近年では無担保でローンが利用できること自体、珍しいことではなくなっているようです。主な無担保ローンには、学生ローン、カードロー...

≫続きを読む

ローン利用には担保が必要

借り入れ条件として担保が不可欠となっているローンがあります。たくさん今では担保や保証人が必要のないキャッシングローンが存在しています。一昔前までは、無担保や無保証人ではローンは利用できませんでした。多くの場合、借入額の大きなローンほど、担保がなければならないようです。無担保ローンよりも借入金額が多く...

≫続きを読む

SMBCモビット在籍確認と総量規制について

少し前にキャッシングの法律が変わったことが話題になったことを覚えているでしょうか。総量規制というものがキャッシングに入ったのは、改正貸金業法という法律の改正が行われたことによります。キャッシングを安易に利用しすぎてたくさん借りてしまう人が多いことや、多重債務といった現在世の中で問題となっていることを...

≫続きを読む

自動車ローン種類とは SMBCモビットでも可能?

多くの人が、自動車ローンを活用して車を買っています。自動車ローンには、様々な内容があります。ディーラーローンは、自動車ローンを使う際の利便性が優れています。ディーラーローンとは販売店の提携しているクレジット会社から融資を受けるというものです。一定の収入がある成人で過去に返済トラブルを起こしていなけれ...

≫続きを読む