無担保ローン

無担保ローン

無担保ローン

無担保ローンは名前の通り、無担保つまり担保がなくてローンを組む事ができる事を言います。

 

経済の先行きが決して明るいとはいえない現在、無担保ローンは可能なのでしょうか。

 

けれども、近年では無担保でローンが利用できること自体、珍しいことではなくなっているようです。

 

主な無担保ローンには、学生ローン、カードローン、キャッシングローンなどがあります。

 

担保を必要としているローンは、今でも一般的な存在です。

 

住宅ローンなど、金額が大きいものは返済できなくなった時に備えているものです。

 

あらかじめ借りた金額と同じぐらいの価値のものを担保として、抵当権を設定しています。

 

無担保ローンは、融資の希望額が少ない場合に限り、貸し付けができるというものです。

 

ローン会社からすれば、担保を必要とするローンと違って、無担保ローンは返済されなければそのまま損害になります。

 

金利を高くすることで、そのようなリスクに備えているようです。

 

担保のいるローンよりも返済期限が短く設定されていたり、利用限度額が低めに抑えられていたりと、様々なデメリットがあります。

 

借り手にとって、無担保ローンというのは便利であり、借りやすいというメリットもあります。

無担保ローン比較

無担保ローンは、ほとんどの金融会社で扱っている商品でたくさんありすぎて実際に選ぶのはなかなか難しいようです。

 

何となくで借り入れ先の金融会社を決めてしまわずに、ネットの比較サイトなどを参考にして金融会社ごとの諸条件をチェックしましょう。

 

どんな長所があり、何が弱点なのかを知ることで、無担保ローン会社が選びやすくなります。審査にかかる時間、借り入れ上限金額、そして金利が重要です。

 

無担保ローンを利用する時には、多かれ少なかれ、借り入れ金に応じた金利がかかります。

 

金利と言うのは金融会社によってかなり違ってきますし、金利は安いに越した事はありません。

 

無担保ローンの限度額を比較しましょう。比較と言っても自分が必要な金額が借りられるかどうかと言う事であり、最高額がいくらかという比較ではありません。

 

審査待ち期間が日単位なのか、時間単位なのかという点も、ローン会社選びに関わってきます。

 

1、2日待てば審査の結果が出るところが大半ですが、金融会社によって違います。

 

無担保ローンをよく使うのは、欲しいものを今すぐ購入したいという人や、差しせまった事情でお金を必要としている人です。

 

せっかくローンに申し込んでも、審査に時間をかけすぎてタイミングを失ってしまったということもあります。

 

無担保ローンを組むならば時間のことを考えて、自分にとって便利なところを探してください。

無担保ローンとクレジットカード

無担保ローンには、クレジットカードに付帯しているキャシング機能をつかってするものもあります。

 

クレジットカードの手続きをした時に、キャッシング枠の上限が書かれている場合があります。

 

無担保ローンのように、融資を受けることができます。クレジットカードで、キャッシングができるようになっているのです。

 

クレジットカード発行時に審査が終わっていますので、改めて審査を受ける必要がありません。

 

クレジットカードの無担保ローンの場合用途によっては、限度額を増額する事もできます。

 

クレジットカードの使用状況や支払い状況によって審査がある場合も有ります。

 

ローンの手続きや手間も、新しくローンを組むより楽にできます。

 

お金を借りるまでの手続きか楽なことがクレジットカードのローン機能の利点ですが、ローン会社のローンよりは、金利が高く設定されているようです。

 

クレジットカードを使ったキャッシングには、カード発行時とは別に、キャッシングのための申し込みが必要なこともあります。

 

いずれにしても、クレジットカードを所有しているという時点で審査に通過していると見なされます。無担保ローン審査も比較的簡単と言えます。