SMBCモビットで複数の消費者金融から借り入れを一本化

SMBCモビットで複数の消費者金融から借り入れを一本化

SMBCモビットで複数の消費者金融から借り入れを一本化

 

SMBCモビットで複数の消費者金融から借り入れを一本化

もし、あなたがプロミスやアコム、SMBCモビットなど複数の消費者金融から借り入れがある場合、

 

数社の借り入れを毎月返済するというのは大変ですよね。

 

数社の消費者金融の返済は、消費者金融の利息が毎月かかりますし、消費者金融への返済日はそれぞれ異なります。

 

そして、どこの消費者金融に毎月いくら返さなければならなくて、あといくら残っているかというお金の管理がなによりも大変です。

 

また、精神的にも複数社借り入れは負担です。

 

そのようなとき、各社の返済を1本化するという選択肢があります。

 

いわゆるおまとめローンという形式です。

 

実際に当サイトで紹介しているSMBCモビットで一本化をする方もいらっしゃいます。

 

SMBCモビットへの借金一本化、おまとめの詳細はこちら

 

現在の借入をSMBCモビット借り換えして、各社消費者金融の借金を全て返済してしまうのです。

 

SMBCモビットは金利が低いので、金利分を得するケースが多いです。

 

SMBCモビットの審査が甘くはありませんが、数社の消費者金融から借入があっても、SMBCモビットで融資が降りたというケースは多々あります。

 

はなからあきらめず、一度SMBCモビットに相談してみてください。

 

SMBCモビットで借り換えし複数の借金一本化に成功した人たちは、

 

「SMBCモビット」の借り換えは良かったという評判が多いです。

 

SMBCモビットでお金を借りられるできる人の条件は、

 

 

一定の収入があるパート、アルバイト、自営業の方(主婦も可能です)
※安定した収入がある方

 

 

条件としてはSMBCモビットの審査を受けてみる価値はありますよね。

 

SMBCモビットに申込みの際は、あなたの基本情報入力し、情報に間違いのないように注意してください。

 

他社の借入金額は特に慎重に。

 

SMBCモビット一本化に申込するまでに返せそうな借入は返しておいたほうが、審査に有利です。

 

SMBCモビットに申し込む際に、他社の借入件数は少ないほうが良いです。

 

SMBCモビットカードローンに申込みの場合から確認の電話が入ります。

 

※PCとスマホからWEB完結の場合、職場確認の電話はありません。

 

SMBCモビットからの電話確認は、職場への確認程度で終わります。

 

SMBCモビット借り替えを可能にするためには、SMBCモビットからの融資額を多く設定し、借金を1本化するというのが最大のメリットです。

 

複数社返済の精神的負担も減りますし、資金の管理がしやすくなります。

 

また、何より金利が落とせれば、返すまでの時間を短縮できるので、SMBCモビット一本化にチャレンジしてみる価値は十分にあります。

 

是非、一度SMBCモビットでの借り換え審査を検討してみてくださいね。

 

複数の消費者金融から借り入れをしている場合の返済方法 借入停止にならないために

 

複数の消費者金融からキャッシングを行っている場合の返済方法は、生活を見直して無駄な出費を削り、支払いに回せる金額を増やすのが有効です。

 

これに加えて、できるだけ契約してる数を減らすことも重要です。これには金利の削減と返済を忘れることを回避する2つの理由があります。

 

消費者金融で適用される金利の仕組みは、借り入れ限度額によって変動するようになっています。限度額が高くなれば金利は低くなるので利息を減らすことが可能です。

 

金利が下がる理由は100万円以上の借り入れでは金利の上限が15%という規定があるので法律を守るため、また、限度額を引き上げられる、安定して返済できる優良顧客を他社に流さないための対策です。

 

複数の消費者金融を利用している場合、1社当たりの金額は低くなるので適用される金利が高くなるため、これを1つにまとめれば金利を下げる効果があります。

 

各社で返済の期日が異なっていることも返済を忘れてしまう要因になるので、数が少なくなればこの危険性も下げられます。

 

借り入れをまとめるにはおまとめローンが利用できますが、審査は優しいものではありません。多重債務に陥っているのは信用を損なうのに十分な理由であり、金額も高くなるので審査は厳しくなるので注意が必要です。

 

現在の契約数が5社を超えている場合、そのまま申し込んでも審査には通らないので、最初に残高の少ないところに繰り上げ返済などを行って完済してから解約を行い、数を減らします。

 

5社以下になったらおまとめローンに申し込むと良いですが、必ず現在の借り入れよりも金利が低くなるところを利用しましょう。

 

借り先では、年収が下がるなどして借り入れ総額が年収の3分の1を超えていても消費者金融と契約できます。

 

一方的に有利になる借り換えは総量規制の例外になるので、利用可能です。ただし、法律で制限されないことと消費者金融が利用を認めることは別であり、信用されなければ審査に落ちます。長期的な遅延を起こして個人信用情報機関に記録されてしまうと契約できなくなるので、返済が困難になりそうであれば早めに対処が必要です。

 

消費者金融でまとめても良いですが、銀行を借り先として優先した方が低金利になるのでお得です。この場合、専用のローンを使うのではなく、カードローンが利用できます。申し込みの際に、普通に現在の借り入れ総額を希望額にしていても減額されてまとめられなくなってしまうので、おまとめ目的で使うことを相談しましょう。追加で契約すると借り入れ総額が増える恐れがありますが、まとめて現在の借り入れを完済するのであれば総額は変化しないので信用を得やすくなります。

 

借り換えの申し込みを行ったときに、債務整理を勧められて悪徳な金融機関であると思い込む人がいますが、これは善意による助言です。借り換えても総額が減るものではありません。

 

明らかに現在の収支に不釣合いな金額を借りている場合、金利が下がった程度では対処できず、最終的に返済不能になって債務整理することになります。生活費を削って日常生活に影響を出すよりも、信用に傷が付くデメリットはあっても早めに借り入れを削減した方が結果的に生活を楽にできます。

 

不動産を所有しているのであれば、不動産担保ローンでまとめることも検討すると良いです。担保があるので貸し倒れの危険性が抑えられるため、低金利の借り入れが可能であり、おまとめローンの審査に落ちてしまう人でも利用できる場合があります。

 

ただし、金融機関に不動産の抵当権が移ってしまうので、返済できなくなったときに売却されてしまうデメリットがあるので注意が必要です。金利の削減で対処できる状況であれば有効ですが、見込みがないのであれば不動産を守れる個人再生などの利用も検討しましょう。

任意整理などよりもおまとめローンがいい点

債務が多くなってしまいますと、任意整理などを検討しないといけないのですが、そのようなことをする前におまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか?

 

おまとめローンは、任意整理などをするよりも多くのメリットがあるからです。

 

 まず、債務整理を行いますと、信用情報に債務整理をしたことは5年ほどは最低でも載ってしまいますので、今後の借り入れが厳しくなってしまったりするようなことがあったり、

 

自己破産をすれば、それこそいろいろなペナルティーを受けるような話になってしまいます。

 

 ですが、おまとめローンを利用することによって、それらの不利益を回避できることができます。

 

 また、債務整理をするとなれば、弁護士など専門の方に頼んでしまいますと、多額の費用が掛かってしまったり、必要書類を提出するためにかなり

 

複雑な処理を行わなければなりません。

 

 ですが、おまとめローンにはそういった煩雑な手続きや費用が一切かかりませんので、その辺りも大きなメリットとなるでしょう。

 

おまとめローンを利用していただければ、任意整理で発生する大きなデメリットを回避しつつ、お金を返済しやすくなる可能性がありますので

 

返済がまだできるような段階でしたら、おまとめローンを利用しましょう。