無担保ローン 比較 ランキング 担保設定しない方がいいのか?

無担保ローン 比較 ランキング 担保設定しない方がいいのか?

無担保の融資 担保設定しない方がいいのか?

無担保で融資を受けたいという方は多く、

 

車などの担保や保証人なしでお金を借りれるカードローンになります。

 

 

当サイトで紹介している、SMBCモビットやプロミス、アコムなど消費者金融では

 

無担保で融資を受けることが可能です。

 

ビジネスローンも無担保ローンに分類されますが、銀行カードローンでは担保が必要なケースもあります。

 

ただし、銀行カードローンでも、住宅ローンのように用途が明確な商品でなければ

 

無担保でのキャッシングが可能です。

 

銀行カードローンjでは、

 

・オリックス銀行

 

・三井住友銀行

 

・三菱東京UFJ銀行

 

・楽天銀行

 

上記の銀行が無担保での融資可能です。

 

 

 

融資を受ける理由は人それぞれです。

 

 

お金を借りる際に担保設定しない方がいいのでしょうか?

 

正直、銀行をはじめ大口の借り入れは担保なしには審査通過は難しいといえます。

 

ただし、ここ最近では銀行やSMBCモビットをはじめとする消費者金融でも、保証人なしでお金を借りられることが一般的です。

 

 

そもそも担保とは、債務者が債務を履行しない場合、つありお金を返せなくなった時に備えて債権者に提供されるもの、不動産などを指します。

 

債権の返済を確保する手段であり、不動産担保、株式など有価証券担保、定期預金など預金担保があります。

 

 

無担保融資には、マイカーの購入や、新しい家を建てるため、住居のリフォームなどがあります。

 

最近は無担保での融資を受けることもできるので、事前に少し調べておいても損は無いでしょう。

 

担保とは、融資を受ける時にどういった影響があるものなのでしょう。

 

担保とは、借りたお金が不測の事態などで返済が難しくなって時に、返済にあてるものです。

 

もしも返済が難しい状況になっても、貸した側が損をしないように、最初から借金が返せなくなった時の対策を決めておきます。

 

住宅ローンや、自動車ローンなど、借り入れ金が高額のローンほど、返済不能に備えて担保を立てる必要があると言われています。

 

クレジットカードを、キャッシングとして使える機能が備わっている金融商品もあり、無担保のものは珍しくないようです。

 

金額的にそれほど多くない場合などは、無担保で融資を受けることができます。

 

無担保の融資を受ける時のメリットはなんでしょうか。

 

無担保融資は、支払いが滞った時でも、担保を用意した時のように土地や建物を売却して返済資金にあてる必要が全くなくなります。

 

もちろん、保証人を必要とすることもありません。

 

無担保で融資を受けることは、担保を立てた場合とどう違うのかを理解した上で、融資の手続きを行いましょう。

 

SMBCモビット在籍確認

利息をキャッシング利率から計算する方法

もしも、キャッシングからお金を借りたなら、返す時には元金だけでなく、利息の支払いも生じます。

 

キャッシングの利息は1日当たりの額で計算されていますが、数ヶ月単位で借り入れをしていると、最初はちょっとした金額でも、相当な額になってしまいます。

 

キャッシングを利用する際は、借りたお金を完済するまでのスケジュールをきちんと立てて、無理な借入れはしないようにしましょう。

 

利息額をはっきりさせてから、どのくらいの金額を、いつまでに借り続けるのかを決めます。

 

簡単な計算式を覚えておくことで、キャッシングの利息が幾らくらいになるかを、独自計算することができます。

 

借入残高に金利を掛けることで、そのお金を1年借りていたらいくらの利息がつくかがわかります。次に、1日につきいくらの利息がふえるのかを計算します。

 

さっきの計算で出た金額を365日で割ることで、1日の利息を割り出すことができます。

 

利息がどのくらいふえていくかは、この先何日借り続ける予定かの日数をかければいいわけです。

 

その次に負担する利息額は、前月の元本返済額を引いた借入残高に対して利率をかけますので、返済を進めて行くにつれて一月の利息負担額は減少して行きます。

 

キャッシングのシミュレーションサイトでは、借入金額、金利、月々の返済額等に基づいて、返済プランを教えてくれるところもあります。

 

ぎりぎりの返済計画を立てるのではなく、予想外の事態が起きても対応できるような、無理のないプランを立てることです。

 

毎月いくらまでの返済なら無理なく支払うことができるかを考慮に入れた上で、キャッシングを利用することが、無理ない返済では必要です。

 

証券担保ローン比較 お金借りれる? 審査基準と金利情報

 

証券担保ローンは、持っている株式を担保にすることによって、お金を借りることができる特殊な有志の形態のことを意味します。

 

実質年率はだいたい4パーセント前後ということもあって、普通のカードローンと比較して安く借りることができるのが特徴です。

 

借入期間に関して半年から1年程度と短く決められているのですが、条件を満たすと自動で契約を更新することも認められています。

 

借り入れ可能金額に関しては、それぞれの金融機関によって違う傾向があるため、異なるサービスを利用したいと考えている場合には金融機関同士で比較をしなくてはいけません。

 

ポイントは、証券担保ローンはあくまでも金融機関から融資を受けるサービスであって、消費者金融のキャッシングとは異なることです。消費者金融のキャッシングは、少額融資としてサービスを提供することに意味があります。

 

この少額融資の取り決めを定めているのは、貸金に関する貸金業法という法規です。貸金業法は、少額融資を提供する消費者金融と、その消費者金融からお金を借りる消費者に対して向けられた法律によっています。

 

言い換えると、銀行などの金融機関の融資の基準は当てはまりません。証券担保ローンは、銀行の基準で提供されるサービスであるため、銀行と同様にある程度しっかりとした基準によって審査を行います。

 

キャッシングに関しては収入に関する証明書などを要せず、電話の確認による在籍確認によってサービスを利用できるメリットがあります。しかし、証券担保ローンの場合にはこうした在籍確認だけではサービスを利用することができないため注意が必要です。

 

 

また、利用目的に関しても両社ではかなり異なります。証券担保ローンは、保有株を担保のすることによって様々な目的のために利用することができます。保有株を担保にして新しい株式を必ず購入しなくてはいけないわけではなく、使途に関しては原則自由ですので、教育資金にあてたり緊急の生活資金に回すことも可能です。

 

返済期日も明確には決められておらず、随時返済可能であることに特徴があります。担保にした株式は、株主としての権利を失いませんので配当や優待も実は受けることができます。これは、キャッシングと大きく異なることです。そもそも、キャッシングは少額融資を前提としていますので、その範囲内ならば自分でどのようにお金を使おうとも制限が存在しません。当然ですが、担保も存在しません。少額融資の審査に通った人は、担保を市内で良いかわりに借りたお金に関しては全ての責任を負います。

 

 

また、金利に関してもかなりの違いが存在します。上述のように、証券担保ローンは実質年率で4%前後の金利になります。

 

しかし、キャッシングの金利は利息制限法という法律によって上限金利の見決められており、その範囲内で金利を設定することが求められます。これに関しては、それぞれの消費者金融によって異なります。例えば、上限利息の範囲に限定すると消費者金融は20万円の金銭を融資するときに最大で18%の利息が設定できます。しかし、融資をする金銭が大きくなるとこの利息の上限も小さくしなくてはならず、最大で15%が上限になります。平均して実質年率が4%前後に落ち着く証券担保ローンとは大きな違いといえます。

 

 

ただ、証券担保ローンでも気を付けなくてはいけない点が一つがあります。それは、株価の下落によって担保評価額を下回ってしまうことです。この場合には、違う株式を差し入れるか一部返済をしない行けなくなります。こうした対処がない場合には、担保にしていた株式を銀行側が返済金の補填のために売却してしまうことになるためこの点は覚えておくことです。

 

 

無担保ローン 比較 ランキング 担保設定しない方がいいのか?記事一覧

無担保融資のデメリット

融資を受ける時に、担保や保証人が必要なものと、必要でないものがあるなら、必要でない無担保の方がいいという印象を持ちがちです。とはいえ、無担保ローンにも気をつけたいことはあります。無担保融資の一番のデメリットというと、担保も保証人も要らないため金利が一般の融資に比べて高く設定されているという面がありま...

≫続きを読む

無担保融資選び方

いくらの金利で融資を受けるのかが、金融会社から無担保でお金を借りる時には気にすべき点です。金利何%の融資かは、金融会社によって大きく違います。無担保で融資を受ける場合は、金利は高くなる傾向があります。まず無担保融資の申し込みをする前に、どの金融会社の無担保融資の金利が安いかを確認してみましょう。また...

≫続きを読む