専業主婦がSMBCモビットカードローンを作る場合に気を付けたいこと

専業主婦がSMBCモビットカードローンを作る場合に気を付けたいこと

専業主婦もSMBCモビットカードローンで借りれる?

 

SMBCモビットカードローンを利用できるのは満20歳以上69歳以下で安定した収入がある方に限られます。

 

よくある質問に「専業主婦でも借りられますか?」と言ったものがあります。
専業主婦とは家業に専念する主婦のことですから基本的に収入はありません。

 

となればSMBCモビットが提示する申込資格をクリアしていませんので利用は不可となります。

 

今回はSMBCモビットと専業主婦について解説していきたいと思います。

 

 

 

専業主婦が基本的に金融業者からお金を借りる事ができません。

 

その理由は単純明快で収入がないからです。

 

金融業者はボランティアでお金を貸しているわけではありません。

 

利益を得られる人にしかお金を貸しませんから、専業主婦が借りられないのは当然のことと言えるでしょう。

 

 

 

専業主婦が借りられなくなったのは総量規制が導入されたことが大きく関係しています。

 

総量規制とは個人の借入限度額を制限するもので、貸金業者からは年収の3分の1までしか借りることができません。

 

年収300万円の人であれば100万円までしか借りられないということになります。

 

という事は収入が0円であれば当然借りられる金額は0円ということです。

 

ですから収入のない専業主婦は借りることができないということになるのです。

 

 

 

しかしそれは困ることもあります。

 

お金を借りる理由は人それぞれで何も贅沢品を買ったりギャンブルに使う人ばかりではありません。

 

生活していくために一時的にお金を借りるという人もいますね。

 

そういう場合に収入がない専業主婦の救済策として総量規制の例外として配偶者貸付があります。

 

 

 

配偶者貸付とは配偶者の収入と合算して年収の3分の1まで借り入れを認めるというものです。

 

例えば夫の収入が300万円と妻の収入が0円でも合算すれば収入は300万円となり、最大で100万円まで借りることが出来るということになります。

 

但し、夫が既に他社で50万円を借りていれば新たに借りられるのは50万円まで、100万円を借りていれば借りることは出来ませんので注意してください。

 

 

 

配偶者貸付は通常のカードローンよりも手続きが面倒です。

 

必要書類も多くなりますので覚えておきましょう。

 

まず必ず必要となるのが配偶者同意書と婚姻関係証明書です。

 

 

 

旦那にバレないで借りたいという方も多いかもしれませんが、同意書が必要という時点でそれも無理です。

 

他には旦那の収入証明書も必要となります。

 

通常よりも提出する書類が多いので準備だけでも嫌になってしまうかもしれませんね。

 

 

 

「でも配偶者貸付で申し込めばSMBCモビット借りられるってことでしょ?」

 

と思った方が殆どかもしれませんが残念ながら、SMBCモビットでは配偶者貸付は利用できません。

 

配偶者貸付は法律上認められているものですが強制的なものではありません。

 

最終的に配偶者貸付をするかどうかは各金融業者の裁量に委ねられているのです。

 

SMBCモビットでは配偶者貸付は認めていませんので専業主婦が借りることは出来ません。

 

 

 

全く収入がない専業主婦は借りられませんが、パートで働いて少額でも収入があればSMBCモビットで借りられる可能性はあります。

 

但し、パートし始めたばかりや収入が月ごとに大きく異なる場合は申し込んでも審査には通りません。

 

自信に収入があれば配偶者の同意無しで申し込めますので、夫に内緒で借りることも可能です。

 

 

 

夫にSMBCモビットを利用していることがばれる可能性があるとすれば、郵送物です。

 

契約すると契約書類やローンカードが自宅に送られてきますので、うっかり見つからないように十分気をつけてください。

 

SMBCモビットのWEB完結申込みをすれば郵送物一切無しで借りることも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SMBCモビット以外の消費者金融で専業主婦がキャッシングしたい場合

 

 

SMBCモビットをはじめ、キャッシングというのは緊急でどうしてもお金が必要になった場合便利です。

 

専業主婦でもキャッシングはできるのでしょうか。

 

家庭のお金のやりくりをしているために、

 

専業主婦は家計の補填の必要性などを感じることがあると思います。

 

家計を圧迫する出費は、ふいにやってくることが珍しくありません。

 

近所との付き合いや冠婚葬祭もないがしろにできないですよね。

 

しかし、専業主婦がキャッシングを希望しても、収入が問題になるでしょう。

 

会社に勤めている人であれば、過去にブラックリスト入りや自己破産などをしていない限り、

 

問題なくキャッシングをすることはできます。

 

キャッシングの審査は、アルバイトやパートいった形で仕事をしている人相手なら、審査に通過しやすいといいます。

 

専業主婦の場合には基本的に働いて収入を得ているわけではありません。

 

収入のない人がお金を借りることは普通できません。

 

現在では、総量規制に反したキャッシングはできないので、借り入れ審査に通りにくくなっています。

 

キャッシングで借り入れ可能な金額の上限は、年収の三分の一以下となっています。

 

人によっては、専業主婦のキャッシングに配偶者貸し付けというものを利用します。

 

キャッシングしようとする人の配偶者の同意があれば、配偶者の収入を返済能力とみなして借り入れを受けることができます。

 

間違いなく配偶者であることを住民表どなどで確認でき、配偶者がキャッシングに同意しているのなら専業主婦も融資が受けられます。

専業主婦がSMBCモビットカードローンを作る場合に気を付けたいこと関連ページ

主婦がSMBCモビットでキャッシングするには
主婦がSMBCモビットでキャッシングするには
専業主婦はキャッシングできる?
専業主婦はキャッシングできる?