お金を借りる際に審査が下りない人とは

お金を借りる際に審査が下りない人とは

お金を借りる際に審査が下りない人とは

キャッシングの審査が下りない人は、どんな人でしょうか?

 

キャッシングローン会社も商売です。

 

返済が見込めない人にお金は貸したくないのは当然です。

 

回収見込みがなければ、ビジネスとして成立しません。

 

審査が下りなかった場合、クレジットカード会社もですが、審査否認理由は教えてくれません。

 

メールで通知が来た後、

 

直接、理由を問い合わせても内容を教えてはくれないことがほとんどです。

 

予想される内容は、

 

 

申込用紙の不備

 

事実とは違うことが書いてある

 

ブラックリストに名前がある

 

 

などが考えられます。

 

ブラックリストは、他社で借り入れ後、

 

返済を3ヵ月以上遅らせてしまうと、リストに名前が載り、金融機関でそのリストが共有されます。

 

 

金融情報機関で共有しているこのリストは

 

「この人は滞納する人です」

 

とレッテルが貼られ、他の金融機関で審査が通りづらくなるのです。

 

返済能力がないということで、審査が下りないことが多いです。

 

一般的に5年経過で、

 

ブラックリストから名前が消えます。

 

「いずれは消える」ということでブラックリストを比較的、軽く見ている利用者もいますが、

 

一度乗ってしまうと不自由なことのほうがおおいです。 

 

返済滞納は、キャッシングローンの会社と交わした約束が守れないということです。

 

本来ならば延滞はすべきではありません。

 

審査が下りなかった人の中で、信用情報機関に問い合わせて該当がない方の場合も

 

同じく借り入れが出来ません。

 

架空の人の名前で申し込みをすると

 

実際にいない人なので、データ上もヒットしません。

 

キャッシングローンを悪用して、

 

こうした架空名義で申し込みをしても審査が下りないのは自明の理です。

 

SMBCモビット否決のケースを見てみると、

 

職場の電話番号が間違っていて、在籍確認が出来なかった(SMBCモビットカードローンの場合)

 

本人情報が間違っていて、審査通過できなかったなどの原因が考えられます。

 

SMBCモビット審査否決の連絡が来た場合、その理由を問い合わせてみてください。

 

審査否決連絡後に、問い合わせして通過した事例もあります。

 

→ SMBCモビット審査

 

SMBCモビットカードローンでお金を借りる際に審査に通らない人の共通点

SMBCモビットカードローンは消費者金融として知名度が高い企業が提供している人気があるカードローンであり、利用に際し来店する必要性が無い上に電話連絡が来たり郵便物が届く事も無く、全てがウェブサイト上で完結させられるのが特徴です。

 

突如として予定外の物入りで現金を要してしまった場合や、クレジットカードを利用し過ぎてしまい生活費に余裕が無いといった場合に非常に頼りになりますし、キャッシングに関して行われる審査はたった10秒間しか要さず、10秒間で簡易審査の結果が得られ来店せずに即日融資が受けられます。

 

しかも、2017年の5月中旬からは同サービスのスマートフォン向けアプリのバージョンアップが行われたため、バージョンアップによりカードレスでカードローンが利用可能になった上に、返済も
済ませられる新たなるサービスが業界で初めて開始されておりますます利便性が向上しています。

 

そうした特徴から即日融資を希望している上に、ウェブサイト上のみで手軽に簡潔させてカードレスを望んでいるという方にはとっておきのサービスになっています。

 

キャッシングを希望している方が必ず受ける必要性がある審査は平日はもちろん土日祝も行われている上に、受付時間も平日と変わらないので迅速な審査を受ける事ができ、10秒しか要さない簡易審査と同様に要する時間は最短で30分間です。

 

そのようにスピーディーな作業が行われているのは、蓄積されているデータを用いて見極めが行われるスコアリングシステムが導入されているためであり、海外からの評価も高く信頼性に長けているシステムです。

 

ただし、迅速でありつつも正確な審査が行われているという事は、通過する事ができない状況下にある方はどのような工夫や対策をしても通過する事はできず、恩恵に授かる事ができません。

 

そのため、申し込みをしてもキャッシングが受けられないという方はもちろん、これから初めて利用してみようと計画している方にとっても、落ちてしまう起因になる事柄を理解しておく事が大切です。

 

しかし、企業側は審査に関して基準を公に発表していないので、キャッシングが受けられなかったとしても知る事ができず、手探り状態になってしまう恐れがあります。

 

そこで、念頭に置いて置かなければならない前提条件として挙げられるのが、虚偽の情報を用いて申し込みをしてはならない事です。

 

自宅や勤務先を登録する事に抵抗感を感じてしまうあまり異なる情報を入力したり、本来の情報では自分自身で通過できる可能性が低いという事を理解していて年収や雇用形態、住所などを偽れば落ちてしまいます。

 

他にも意図的に本来の情報とは異なる情報を入力したのではなく、誤入力などで結果的に本来の情報とは違った情報を登録してしまったという場合も虚偽と判断されたり、大事な事柄であるのに正確性を意識した判断ができないという点が信頼性に欠ける判断材料となり通過できない恐れがあります。

 

キャッシングを受けた分は言わずもがな返却しなければならないですし、金利も課せられるので元来よりも返却する金額は大きなものになるため、十分に返せるほどの経済力である事は重要点です。

 

しかも、単に高額所得者であるだけでは通過するための材料としては不十分であり、借り入れ時においてはいかに金銭が安定的に手元に入り続けているのかがポイントになります。

 

安定収入が得られていると判断されるためのポイントは、勤めている会社の勤続年数が長年にわたっている事や雇用形態が正社員という形式で安定的である事が挙げられます。

 

一方、正社員として長年の勤続年数で働き続けてきているとしても仕事中に怪我に見舞われる恐れが高く、働く事ができなくなる確率が他の仕事よりも高いのであればマイナスポイントとして評価されてしまいます。

 

雇用形態などには問題が無いものの、現時点で既に他社からも借り入れをしているとSMBCモビットカードローンから借り入れをする事は大変難しくなります。

 

他社からの借り入れにより難しくなるのは総量規制という決まりによって定められている事柄であり、他社から年収の3分の1を超える程の借り入れを行っていたり、お世話になっている金融機関の数が4社を超えるようなら通過できる見込みはほぼ無いと考えておくべきです。

 

しかも、他社に同時に目を向けるというのはたとえキャッシングをしていない場合でも例外ではないので、審査に落ち続けているという状況下で1ヶ月のうちに4社を超える企業に次々と申込みをしていると、手当たり次第申込みをしている様子が影響しブラックリストに入ってしまいます。

 

当然の事ながら過去に借り入れについて返却できなかったり滞納してしまったというように信用情報に傷が付いてしまっていると、金融事故歴がある者としてブラックリストに載っているので借りる事はできません。

 

借り入れに限らず金融事故は公共料金や携帯電話の利用料金も対象として捉えられるので、その他の支払い実態についても今一度見直してみましょう。