ローン利用には担保が必要

ローン利用には担保が必要

ローン利用には担保が必要

借り入れ条件として担保が不可欠となっているローンがあります。

 

たくさん今では担保や保証人が必要のないキャッシングローンが存在しています。一昔前までは、無担保や無保証人ではローンは利用できませんでした。

 

多くの場合、借入額の大きなローンほど、担保がなければならないようです。

 

無担保ローンよりも借入金額が多く、長期間の返済が可能です。担保を必要とするローンの代表的なものは、住宅ローンです。

 

多くの場合住宅ローンは、購入する不動産を担保にあてるといいます。本人の年齢や収入だけでなく、担保として使う不動産の価値も、ローンの審査では重要なポイントとなります。

 

有利に審査を進めることができるのが、担保に使う不動産の評価が高額な場合です。

 

何らかの理由で借りたお金が返済できなかったときに、担保にした物件が売却され、ローンの支払いにあてられます。

 

お金を貸すほうとしては、万が一相手の返済が滞ってしまってもある程度の融資金を取り戻すことができます。その仕組みによってお金を貸す場合のリスクは低くなるというものです。

 

担保にできる資産は土地や建物だけでなく、状況によっては宝石や証券、珍しいアンティークなど価値のあるものも担保にできます。

 

ローンを担保を用意して使う場合にしっかりと見ておきたいのは、金融会社の細かい条件です。

ローンを組む時に必要になる人的担保

担保をつけることで、ローンを組むときに返済にかかる期間を延ばしたり、大口の融資を受けることが可能です。債権を回収できるように担保を用意しておけば、何かの理由で返済が難しくなったときに安心です。担保には、人的担保と物的担保があります。

 

人的担保とは、保証人などをつけてローンを利用することです。もしものことで返済が厳しくなっても、保証人になった人に債務の支払い請求ができるのが、保証人をつけた場合です。連帯保証人や、連帯債務者も人的担保です。

 

人的担保では、保証人になった人の信用能力も審査では重視されます。時が経過すると共に人の信用力や資力はどんどん変わるものなので、人的担保はあくまでもその人の資力をあてにしているので絶対に安心とはいえないかもしれません。

 

返済をローンを利用した人ができなくなった場合、財力が保証人もないという場合もよくあるのです。

 

ローンが長期の返済にわたる場合には、絶対に大丈夫という保障は人的担保の場合はありません。また、保証人に責任を負わせることは制限するべきだという考えが広まりつつあります。

 

リスクを自分で受けることになるのが、保証人になることです。

 

親戚や恩のある人から頼まれたといっても、ローンの保証人になるのは慎重になる必要があります。

 

借りてからすぐに返済困難になる可能性もありますので、ローンは担保があれば借りやすくなるとはいえ、借りることができるからと安易にたくさんのローンを組むのはおすすめできません。